硫黄島って聞いた事ありますか?( ・(エ)・)ノ)))

先日、久しぶりに「硫黄島からの手紙」のDVDを観ました。

硫黄島と言えば? 何が浮かびますか?

硫黄島は太平洋戦争の激戦地です!

硫黄島は東京都小笠原村にある日本の島ですが、 一般の日本人は硫黄島に行くことができません。

私たちのおじいちゃん、おじさん、先輩の方々にあたる人達が、たった60年、70年前に後世の私たちのためだけに戦って2万人以上が殺された硫黄島があるっていうことがほとんど忘れられています…
画像や青山先生の文面は「アンカー」より転載しました。img11467_130925-04map
取材中の青山繁晴さんの会話の一部です。
「この硫黄島は、沖縄戦の直前にあった戦いなんですが、私たちの祖国日本は、二千数百年に渡って一度も外国に侵されたことがなかった。その硫黄島が史上初めて、日本が外国に占領される島になってしまったわけです」 
「当時、アメリカ軍と戦った私たちの先輩は、戦争の末期ですから、もう職業軍人の方は少なくて、2万1000人のうち、ほとんどの、2万人が、私たちと同じ、働くサラリーマンであったり、あるいは、学校の先生であったり役場の職員であったり、そういう30代40代の男性が中心に、後世の私たちのために戦われた。」
 
「この島、実は、私自身も含めて、日本国民は、ほとんど忘れてきましたけれども、アメリカではずーっと覚えられていて、そこで戦ったアメリカの、海兵隊を中心とする若者たちとともに、日本の将兵も、真のヒーローとして、ずっと忘れられずにいています」
「しかし、私たちは、かつての先輩日本兵は悪者だと、教え込まれ、思い込まされてきたからでもあり、そしてその思い込みのために、何とまだ1万人以上、1万数千人の方々がこの硫黄島に、取り残されたままなんです
下の写真を覚えている方も多いと思います…
130417硫黄島・安倍首相土下座
昨年の4月14日、安倍晋三首相が、歴代総理で初めて、硫黄島に訪問し飛行機から降りてすぐに滑走路に跪いた様に見えますが実際は土下座し滑走路を撫でまわしながら…
安倍総理が
「みなさんすみません!60年間もの間、忘れていました!コンクリートを引き剥がし、必ず皆さんを故郷に帰します!」
と英霊にお詫びし…
官邸の財産を売り払っても300億円の予算で、今後10年間をかけて、大東亜戦争で亡くなった日本兵の遺骨収容作業を進める考えだそうです…(/(エ)\)
心が揺さぶられる思いがします…
安倍総理の「日本を取り戻す」
本気さが解ります!
安部総理…男だよ!!! 男の中の男だよ!!(/(エ)\)
こんな偉大な総理は大平総理以来だ!!!!!
官邸フェースブックへのコメント
・安倍首相、この思いはきっと英霊に届くと思います。涙がでました・・・ ・滑走路の下に眠る英霊に対して、このように接してくださる方が、日本国のリーダーであることに、国民の一人として誇りに思います。
・この一枚の写真から、安倍総理のお気持ちが伝わって涙がでました。 ありがとうございました。
・やはり安倍総理は本物のリーダーだ! ・安倍総理はこの滑走路の下、日本国の為に戦って亡くなられた方々の遺骨(英霊)を思われてのお姿ですね。
・この写真の意味がわかる日本人が今どれだけいるかな?我々は本当に日本を学び直す時期にきていますね。
・涙を浮かべてしまいました。このお姿を我が国のメディアはなぜ報道しないのか。 昨日の愛知で発生したどうでもいい事件を中継で全国ネットで流すくらいならこの安倍首相のお姿をもっと報じるべきです。
・教科書に載せたい、一枚です!
・安倍さん、あなたが守ろうとしている日本のために、僕たちはあなたを守ります。
・ありがとうございます!この思いを世界に伝えたいです。紛争のなくなる日を夢見て。
ほんの一部です。
「自分のためじゃなくて人のために生きる、公のために生きる」
政治家って大平総理や安倍総理の様な誠実な人こそ政治家でなければならない!!!
日本はいつの時代も若者が立ち上がって祖国を守ってきました。 真実の改革は権力やしがらみから離れたところにいる人達が決起してこそ初めて可能なのです。 私達の力を合し、国や故郷を守りましょう!( ・(エ)・)ノ)))))) ブンブン